【利点しかない!?】誰も教えてくれない転職エージェントの注意点!ここだけは抑えよう!

スポンサーリンク
すろーらいふ

すろーらいふ ブログ管理人
Linguaskill B2/TOEIC 915点/英検準1級
家族、旅行大好き
素敵なモノだけをお伝えしたい

すろーらいふをフォローする

こんにちは、すろーらいふです。

今回は転職エージェントに関する注意点についてお話します。

これさえ理解しておけば、メリットしかありませんのでぜひ最後までご覧ください。

この記事がおすすめの方
  • これから転職活動をされる方
  • 転職エージェントについて知りたい方
  • 転職エージェントを活用する際の注意点について知りたい方
スポンサーリンク

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス。 求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートします。

リクルートエージェント

一言で言うと、

求職者と採用者を結びつけるサービス

新卒での就職活動よりも楽に、そしてより良い条件で転職することができるのが特徴です。

転職エージェントの仕組みとは?

転職エージェントの仕組みについて理解することで、残りの記事が読みやすくなります。

採用側の条件と求職者側の希望条件を間に入って仲介するようなイメージです。

採用に至るとその企業から、転職者の年収に応じた成果報酬が転職エージェントに入ります。

そのため、転職活動をしている我々は無料でサービスを受けられる仕組みです。

転職エージェントは活用するメリットしかない

転職を考えているひとも考えていない人も転職エージェントを活用すべきです。

自分の市場価値を把握することで、これから仕事の働き方が変わっていく時代を有利に乗り越えられるためです。

転職エージェント利用時の注意点5つ

ここまで転職エージェントについてとその仕組み、また活用すべき理由について述べました。

ここからは転職エージェントを利用時の注意点を5つご紹介します。

自分のペースで行う

自分のペースで転職活動を行うことが大事です。

転職エージェントの担当者から、「とりあえず面接を受けましょう」と提案されることがあります。

もし、そのペースが早いとおもったらその都度担当者とすり合わせるのがベストです。

自分の希望を明確化する

ご自身の希望条件を明確化しておきましょう。

どのくらいの収入を希望しているのか、役職、働き方について整理しておくことをおすすめします。

ミスマッチな求人ははっきり断る

しっかりと希望条件を明確化して担当者に伝えるようにしましょう。

ここが伝わっていないと、ミスマッチな求人情報を紹介されることがあります。

もし紹介された場合は断り、改めて担当者と希望条件をすり合わせしてください。

入社志望順位を伝える

担当者は一人で複数人の転職希望者を担当しています。

そして採用に結びつけるのが転職エージェントの仕事です。

つまり、自分が入りたい企業で内定が出たとしても、他の転職希望者もいる可能性があり、「採用」が目的の転職エージェントに入社志望順位を予め伝えておかなければ「ライバルが採用される」ということがあります。

転職エージェントも営業活動していることを忘れない

転職エージェントは「採用」をベースに評価されます。

先程書いたように、「採用」されることで企業からの成果報酬が転職エージェントにおります。

つまり、言い換えると、転職エージェントも営業活動をしています。

このことを念頭に置きながら冷静に転職活動を進めていくようにしてください。

上手に転職エージェントを活用する3つの方法【利点】

注意点を5つ書きました。

ただ、上手に転職エージェントを活用することでこれらを回避することができ、間違いなく利点(メリット)を感じられます。

上手に活用する方法を3つご紹介します。

連絡を頻繁にとる

連絡を頻繁に取ることをおすすめします。

ホットな求人情報を採用に繋げたい意思がある転職エージェントと転職希望者のミスマッチをなくすためにも重要です。

新しい求人情報が出たときにもいち早く教えていただける可能性がありますので、常に情報交換する意味でも連絡をとっておきましょう。

明確に伝える

先程の注意点でも書きましたが、希望条件と入社志望順位を必ず明確に伝えましょう。

今すぐの転職希望がなくて自分の市場価値を知りたい、どんな求人があるのか知りたい方もその旨を伝えておくことが大事です。

適確なキャリアプランを作り上げるために必要になります。

自分を大きく見せない

自分を大きく見せないようにしましょう。

これまでの経歴を転職エージェントから聞かれることがあります。

その時に、大きく伝えてしまいますとそのまま企業側に伝わります。

入社後に苦労することになりかねないため、これまでの経歴やスキルは簡潔に的確に伝えられるように準備しておきましょう。

おすすめできる転職エージェント3社

ここまで、注意点と転職エージェントを上手に活用する方法について述べました。

ここからは具体的におすすめの転職エージェントを紹介します。

大手転職エージェントは信頼ができ、おすすめできます。

多くの転職希望者を採用に繋げた実績があり、さらに圧倒的な求人数に加えて非公開求人を抱えているためです。

自分に合う、合わないを見極めるために2-3社は抑えておくべきです。

登録しておきたい転職エージェント3社

誰も教えてくれない転職エージェントの注意点!抑えれば利点しかない!

誰も教えてくれない転職エージェントの注意点!抑えれば利点しかないことについてご紹介しました。

おさらい
  • 自分のペースで行う
  • 自分の希望を伝える
  • ミスマッチな求人ははっきり断る
  • 入社志望順位を伝える
  • 転職エージェントも営業であることを念頭に置く

転職希望のあるひともない人も活用をおすすめできるのが転職エージェントです。

人生100年時代、終身雇用制度の崩壊、働き方改革により多種多様な働き方が注目されています。

まずは自分の市場価値を把握するためにも転職エージェントに2-3社は登録しておくことをおすすめします。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました♪

登録しておきたい転職エージェント3社

コメント

タイトルとURLをコピーしました