【未経験OK!】初心者でもわかるNFTアートの販売方法と稼ぐ方法をわかりやすく解説

スポンサーリンク
すろーらいふ

すろーらいふ ブログ管理人
Linguaskill B2/TOEIC 915点/英検準1級
家族、旅行大好き
素敵なモノだけをお伝えしたい

すろーらいふをフォローする

こんにちは、すろーらいふです。

今回はNFTアートの出品方法から稼ぎ方までわかりやすく解説します。

2021年からNFTの市場が急拡大していてNFT作品が数百万円~数億円で取引がされています。

まさしくNFTバブルと呼ばれている中、参入することで市場から欲しがられるアートは高値で取引される可能性が十分にあります。

さらに、無名アーティストや素人でも取引が成立していますので誰にでもチャンスがあります

筆者もNFTアートを出品していますのでその経験を踏まえて本記事では初心者でもわかりやすく出品から稼ぎ方まで書いていますので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

NFTを販売するために必要なもの

まずNFTを販売するためには以下の準備が必要になります。

作品をNFT化するまではとてもシンプルです。

  • コインチェックで口座開設
  • MetaMaskでウォレットを作成
  • OpenseaでMetaMaskと接続する
  • NFTにする作品(画像、動画、音楽など)を用意する

「コインチェックで口座開設」、「MetaMaskでウォレットを作成」、「OpenseaでMetaMaskと接続する」に関しては以下で画像付きで分かりやすく説明していますのでご参考になれば嬉しいです。

こんにちは、すろーらいふです。

本記事では、NFTの始め方から購入方法までわかりやすく解説しますので是非最後までご覧ください。

読んでは手を動かして読んでは手を動かしてとすればあっという間に開設できますよ!

NFTをどのように購入するのか?コインチェックで口座開設してイーサリアムを買うところまで

ここからはNFTを実際にどのように購入するのかについて解説します。

NFTを購入するためには、まずコインチェックもしくはディーカレットで口座を開設しましょう。

Step①:会員登録

コインチェック

会員登録ボタンをクリック⇒メールアドレスとパスワードを入力して「私はロボットではありません」にチェックして「会員登録」をクリック

Step②:本人確認書類の提出

「本人確認書類を提出する」をクリック⇒電話番号を入力⇒SMSに6桁の認証コードが届く⇒送られてきた認証コードを入力

その後、本人書類のアップロードをしてください。

セルフィを撮影するように指示されることがありますのでその内容に従って本人確認書類のアップロードをしてください。

筆者は運転免許証の裏表とマイナンバーカードで本人確認がとれています。

Step③:イーサリアムの購入

本人確認が終了するとコインチェックにて仮想通貨(暗号資産)の売買ができるようになります。

NFTの売買が目的なので、ここではイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

ウォレットを選択⇒入金する日本円を入力⇒入金を選択⇒入金ができたら販売所を選択⇒イーサリアムを選択⇒購入を選択⇒購入したい額を日本円で入力して完了

これでイーサリアムを準備することができましたので次にMetaMaskウォレットの準備をします。

MetaMaskでウォレット開設まで

NFTを利用したい場合はウォレットを作成する必要があります。

先ほどのウォレットとどう違うの?と思われるかもしれませんが、簡単に言うと、取引所のウォレットは一時的な保管場所で、MetaMaskウォレットは財布のようなイメージになります。

Step①:ダウンロード

まずはMetaMaskをダウンロードしていきましょう。

ChromeでMetaMaskにアクセス⇒ダウンロードボタンをクリック⇒Install MetaMask for Chrome をクリック

その後、「ウォレット作成」をクリック⇒品質向上の同意をクリック⇒パスワードを設定⇒秘密のバックアップフレーズの設定で完了です。

秘密のバックアップフレーズは12個のワードで構成されています。必ず控えて起き大切に保管するようにしましょう。

コインチェックからMetaMaskに送金する

イーサリアム(ETH)をMetaMaskに送金するためには、コインチェックの送金機能をつかいます。

送金機能は本人確認のハガキが届いてから使えるようになります。

はがきは通常2日程度で届きます。

あて先は先ほど設定したMetaMaskにログインするとすぐにわかりますよ。

Metamaskにログインしてトップページに数字とアルファベットで羅列してあるアドレスをコピーしてコインチェックの宛先に入力すればOKです。

これでMetaMaskにイーサリアムを送ることができました。

お財布にイーサリアムが入っているので使える状況になったということですね。

Openseaのアカウントを開設してMetaMaskを接続する

次にOpenseaのアカウントを作成します。

Step①:OpenseaにMetaMaskを接続する

「Create」をクリック⇒MetaMaskを選択⇒「ブロックチェーンがイーサリアムメインネット」になっていることを確認⇒小さなウインドウが出てきてMetaMaskを使用して接続の「次へ」をクリック⇒「接続」をクリック⇒完了

Step②:メールアドレス認証

一般設定にてユーザー名(表示する名前)と電子メールアドレスを設定⇒メールアドレスにOpenseaからのメールを確認して認証する⇒完了

Step③:自由にNFTを購入できる

これでOpenseaにて販売されているNFTを購入する準備が整いました。

世界中で取引されているNFT作品を検索してお目当てのものがあれば購入してみてください。

最大マーケットのOpenseaでNFTを販売する方法 コレクション設定

まず、作品をNFT化する前に必要なのがコレクションを作成することです。

実際に筆者のコレクションがコチラになります。これは唯一無二のNFT作品です。

では早速手順を見ていきましょう。

Openaseaで「コレクションを作成する」をクリック⇒「ロゴイメージ」にお好みの画像を入れる(作品についてわかるものがおすすめです)

「名前」を入力

「Royaltyもしくはパーセンテージ料金」をお好みの数字にする

「パーセンテージ料金」はロイヤリティーのことです。ここは10%と入力することをおすすめします。

「カテゴリー」は出品したい作品に応じたカテゴリーを選択ください。

「ペイアウトウォレットアドレス」を入力(これはメタマスクのウォレットアドレスのことです)

「ブロックチェーン」は一度選択すると変更できませんので、イーサリアムかポリゴンか選択しましょう。

「ブロックチェーン」を変更したい場合はコレクションを新しく作成すれば可能です。

ガス代を抑えるためにはポリゴンを選択することがおすすめです。

「作成」をクリックしてコレクションの設定が完了します。

Openseaで作品をNFT化する方法 アイテムの追加

先ほどコレクションを設定できたので、ここからはNFTにしたい作品をNFT化する方法です。

といっても、とっても簡単です。

「アイテム追加」をクリック⇒NFT化したい作品をアップロード⇒「名前」に作品名を入力

「コレクション」のところを先ほど作成したコレクションを選択⇒「作成」をクリックして完了

Openseaで作品を販売する方法 価格を設定して売る

先ほどNFT化した作品に「売る」と表示されますので選択します。

「価格」で希望の価格を設定して「ガス代」を支払うと出品が完了です。

イーサリアムで取引を行いたい場合「ガス代」と呼ばれる費用が発生します。

この「ガス代」がとても高額(現在は2万円~3万円)なため、初心者には不向きです。

「ガス代」を気にせずにNFT作品を販売する方法

せっかくOpenseaでNFT作品を販売したいのに、ガス代が高くてむり!という方に向けて「ガス代」を気にせずに余計な費用をはらわずに販売する方法があります。

それがポリゴン(Polygon Network)を使って販売する方法です。

先ほどの” 最大マーケットのOpenseaでNFTを販売する方法 コレクション設定 ”で「ブロックチェーン」が選択できるとかきました。

ここで、イーサリアムではなく、ポリゴンを選択してコレクションを作成します。

まずは暗号資産を手に入れなければならないので、口座開設だけでも済ませておきましょう!

まとめ:未経験の初心者でもNFT作品を販売しよう!

本記事では初心者でもわかりやすくNFT作品の販売方法を解説しました。

NFT市場は現在右肩上がりで拡大していて、高値で作品が取引されています。

これから参入する方でも十分に稼げる可能性がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました