【ブログ初心者】リード文とは?書き方のコツと意味が分かれば収益化できる!

スポンサーリンク
すろーらいふ

すろーらいふ ブログ管理人
Linguaskill B2/TOEIC 915点/英検準1級
家族、旅行大好き
素敵なモノだけをお伝えしたい

すろーらいふをフォローする

こんにちは、すろーらいふです。

この記事を読まれているということは「リード文に興味がある」「収益化していきたい」と思っているのではないでしょうか?

リード文が魅力的であれば、収益化にもつながります。

なぜなら、読者さんにとって有益な情報が書かれているとわかったら、本文まで読んでいただけるからです。

リード文とは、まさに今読んでいるこの部分のことです。

リード文とはブログの冒頭に書かれている文章

この文章が、読者さんにとっての悩み解決に導く文章であれば、最後まで読んでいただけます。

一方で、魅力的ではない文章だと途中で離脱につながります。

では、どのようなリード文を書けば最後まで読んでいただけるのか?

これからわかりやすく解説していきます。最後まで読んだら、魅力的なリード文を書けるコツがわかりますよ♪

※筆者の記事のうちリード文に力を入れているものは収益化につながっています。

筆者について
  • 2ヶ月で5桁の収益化を達成
  • 現在、最高収益を更新中
スポンサーリンク

リード文とは?ブログ記事における意味と場所

リード文とはその名の通り、読者さんをリード(Lead)するという意味があります。

これから読む内容(本文)の理解を深めるための文章です。

別名「導入文」とも呼ばれていて、記事の冒頭にある文章を指します。

リード文がブログ全体に果たす役割

リード文の役割は大きく2つあります。

  • 記事の方向性を示す
  • 読者とのミスマッチをなくす

記事の方向性を示す

リード文は、その記事にどんな内容が書かれているのかを明確に示す役割があります。

記事の方向性を明確に示すことで、読者は本文を推測することができ混乱することなく読み進めることができます。

一方で、リード文と記事の内容がバラバラであったり、適切なリード文でない場合は読者は離れていきます。

読者とのミスマッチをなくす

リード文は読者とのミスマッチをなくすことができます。

上記で書いたように、記事の方向性を示すことで、読者は役に立つ記事かどうかの判断ができます。

また、リード文で興味を引く文章を書けば、読者の潜在的なニーズを掘り起こすことができます。

読者の悩みを解消できる内容が書いてあることを示せば、双方向に満足いく記事となり、最後まで読んでいただきやすくなりますよ♪

リード文では何を書くべきか?

リード文では、記事全体が何について書かれているのかを意識して書くようにしましょう。

  • 読者の悩みを明示
  • 記事を読むことのメリット
  • 読むことでそのメリットが得られる根拠

読者の悩みを明示

「読者さんの悩み」明示するようにしましょう。

記事を読むということは、「なにかしらの悩み」を持っていてその解決策を求めに読まれることが多いです。

そこで、読者さんのぼんやりとした悩み(ニーズ)を明示することで、双方向のギャップをなくせます。

また、読者さんも気づいていないようなニーズを掘り出すことで、読み手がより満足して、SEO的にも良い記事として認識される可能性が高いです。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Googleが掲げる10の事実

記事を読むことのメリット

この記事を読むことで読者にどのようなメリットがあるのかを明示しましょう。

ここでは主に、上記の悩みに対する解答を書いておくのが好ましいですね。

記事を読むことのメリットが読者の悩み(ニーズ)とミスマッチであれば読者さんは離れていきます。

ここではペルソナ(読者)がどのような情報を求めているのかを考えて書くようにしましょう

読むことで得られるメリットの根拠を示しましょう

読むことで得られる「メリットの根拠」も合わせて書いておくことで説得力が増します。

筆者が経験や資格がないのに書かれていても納得はしませんよね。

その前に、リード文の時点で離脱する可能性が高くなります。

最後まで読んでいただきたいのであれば、なんでこの記事を読むとメリットがあるのかをしっかりと書いておきましょう!

リード文の書き方の例文

以下にリード文の書き方の例文を載せておきます。

2人目の子供が生まれてからこのままでいいのかな、、なんて考えることが多くなりました。

そこで今回は働き方について考えてみました。

  • 将来への不安
  • 何かに縛られたくない
  • 時間がもっと欲しい
  • お金をもっと稼ぎたい

こういった思いを持たれる方は多いのではないでしょうか。

そんな時に頭に浮かぶのが、フリーランスですよね。

国が副業を積極的に推進してから新しい働き方として注目を集めています。

  • 「スキルがなくてもフリーランスになれるのかな・・」
  • 「完全な未経験だけど大丈夫かな?」

などと考えてはいませんか?

また、フリーランスとして働きたいと考えていても、「スキルがない限り無理なのではないか」と思っている人も多いのではないでしょうか。本記事で解説していること

  • スキルなしの未経験者でもフリーランスになれるのか
  • スキルがなく未経験でもフリーランスになるための簡単ステップ
  • フリーランスにオススメのお仕事内容と仕事の探し方

リード文が魅力的だと収益化につながる理由

リード文が魅力的だと収益化につながる理由は、読者さんとブロガーがWin-Winの関係になるからです。

ブログを通しての収益化をするにあたり覚えていただきたいことは、

ブロガーの皆さんと読者さんがWin-Winの関係になることが大事

では読者の行動心理とブロガーの行動心理はどうなっているのか?

  • 読者の心理・行動:悩みや解決策を求めてブログを見に来る
  • ブロガーの心理・行動:読者の悩みに対する解決策を自身の体験談や経験に基づいて提供

ここの需要と供給で成り立っている

では、どのように収益化につなげるか?

例:読者さんが今の会社に耐え切れずに転職を検討しているが何から始めたらいいかわからない。

  1. 読者の悩み:転職の方法が知りたい
  2. 解決策の提示:転職体験を記事に起こす
  3. 収益化につなげる:記事内で利用した転職エージェントを紹介する

このように、読者さんの心理・行動である「転職方法を知りたい」という問題を解決する記事を書くことでその先の心理である「おすすめの転職エージェントはどこ?」のかゆいところに手が届く情報(アフィリエイト広告)を添えます。

その広告がクリックされ収益が発生します。

アフィリエイト広告をブログに掲載するためにはASPアフィリエイトに登録する必要があります。

まとめ:リード文を魅力的なものにしよう!

本記事では、リード文の書き方やその意味について解説しました。

リード文は記事が読まれるか読まれないかを決定づける大切な文章です。

読者とのミスマッチをなくせば、本文まで読んでもらえて、収益化にもつながりますよ!

ぜひ本記事を参考にリード文を取り入れてみてください。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました