【洋画3選】コロナ渦のステイホームにおすすめの映画

スポンサーリンク
すろーらいふ

すろーらいふ ブログ管理人
Linguaskill B2/TOEIC 915点/英検準1級
家族、旅行大好き
素敵なモノだけをお伝えしたい

すろーらいふをフォローする

こんにちは、すろーらいふです。

ここ1年半ほどコロナ渦で外に行けていないので、いろいろと映画を観ているのですがその中でも特に印象に残った観てよかった洋画を3つご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

【洋画3選】ステイホームにおすすめの映画

実はすろーらいふ幼少期はロサンゼルスで育ったのです。

そのため、映画と言えば洋画であり、邦画ではないのです。

小さいころから触れているのでまあそうなりますよね。

そしてどうしても映画の撮影規模が大きいというか、壮大というか

そういったところが好きです。邦画も見ないわけではないのですが、どうしてもCGを駆使してというイメージがあり、リアルに欠けるというか。

そんなことで洋画ばかり見ている/見てきた私がおすすめする洋画3選をご紹介していきたいと思います。

グリーンブック

グリーンブックです。

この映画はさかのぼること1962年を舞台にしているのですが、白人のトニー(ガサツな男性主人公で黒人を軽蔑していた)が黒人のピアニストであるドクターシャーリーの運転手として仕え、差別が根強く残る米国南部でコンサートをめぐっていき、徐々に心が変化していくという物語です。

当時のアメリカとはどんな感じだったのか、白人黒人といった壁を取っ払っていく過程、心が揺れ動く姿を描いたハートウォーミングな映画になっております。

オーバーボード

オーバーボードです。

これもとてもハートウォーミングな物語です。

非常にお金持ちで自分勝手なプレイボーイのレオナルドがシングルマザーであるケイトとどのように心が通い合っていくかを描いた話になります。

当初ケイトはレオナルドにけなされていましたが、レオナルドがあることをきっかけに記憶を失い疑似家族として歩んでいくというストーリーになっています。

最後は号泣してしまいました。

モンスター上司

面白いものとしてはモンスター上司がおすすめです。ちなみにこちらは、モンスター上司2もあります。

汚い英単語がでてきますが、笑えるくらい面白い映画です。

パワハラ上司、セクハラ上司を様々な方法で復習しようと計画を企てるのですが・・・といった物語です。皆様も様々な上司のもとで働かれたことがあると思いますが爽快でかつばかげていて、日ごろの悩みが吹き飛びますよ!

PG 12なので下品なシーンや表現が含まれておりますので注意が必要です。

最後に

いかがでしたか。

このコロナ渦で悲しいニュースが連日報道されていますが、すこしでも心温まる、笑える映画を見てそんな憂鬱な気分を吹っ飛ばしませんか?

みなさんStay Safeですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました